不登校に関すること

不登校に関して、オノレのボウズが急に学校へ行きたくないと言いだし理由を聞いてもなあんも話してくれず困っとるちう親御はん方はようけいると思うで。

こういった原因不明で登校拒否になってしもた場合、どう対処したらええのでっしゃろか。何点か挙げてみたいと思うでので参考にしてみておくんなはれ。


まずはお子はんの話を聞くようにしておくんなはれ。

このとき注意せなならへんのが聞くことに徹するちうことや。

決して親の意見を押し付けることをせんでお子はんの話を充分に聞いてあげるようにしまひょ。

その中でお子はんの本音、言いたいことを見極めてその原因を冷静に分析して洗い出していくことが重要となるんや。


不登校になってしもた原因が家庭内にある場合は、家庭生活を見直し立て直す努力をしていくようにしまひょ。

理由によってやけどアンタ家族全員で立ち直るための話し合いを持ち解決方法を見つけるようにしまひょ。


不登校になってしもた原因が学校や友達やらなんやらにある場合は、学校に相談してみることも方法の一つだと思うで。

このとき注意せなならへんのは親が持っとる情報はあくまでもボウズ側からの意見だけちうことや。

学校側の意見も充分に踏まえて相談していかなければなりまへん。



不登校になってしもた原因が精神的なものにある場合は、心療内科、カウンセリングやらなんやら専門の機関に相談してみまひょ。

何ぞしら解決への突破口が開けるかもしれまへん。
タグ:不登校
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不登校の生徒に対する対応

「不登校」や「登校拒否」をしとる生徒に関してやけどアンタ、なんとかしてあげたいと思うのが親や先生の考え方だと思うのやが、対処方法に関してはマニュアルと言うのは無く、不登校の生徒の数だけ対処方法があると思ってもろてもええと思うで。


例えば、絡まってしもた糸を人間関係に例えてみたいと思うで。

絡まってしもた糸を引っ張ったり、無理やりほどこうとしたりして悪戦苦闘しても、さらに糸は絡まってしまってほどけなくなっていく一方や。

でも糸は物やので、切って繋ぎ直せば絡まり自体はなくなるんや。


せやけどダンさん、人間関係は簡単に切ってしまうと言うことができまへん。

切ってしまってもその部分(わだかまり)が残ってしまうのや。

あまり、例えがよくなかったかもしれまへんが、絡まりはゆっくりじっくり時間をかけてほどいていくのがええのや。



やろからまずは「待つこと」から始めてみてはいかがでっしゃろか。黙って、じっくり待ってボウズの方から歩み寄ってくるのを待ってみればええのや。


そうすることで、徐々に絡まった糸もほどけてくると思うでよ。

せやけどダンさん、親側はその間心配でしゃあないかと思うでのでカウンセラーや学校の先生がたと連携をとっておくようにすればええと思うで。



不登校を改善させるにはちびっとずつ焦らんと絡まった糸をほどいていき、ボウズの不登校の原因となる事を分かってあげて、適切な対応をして行くことが改善への近道になるのではおまへんかと思うで。
タグ:不登校
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

登校拒否から不登校へ

不登校や登校拒否をしたことがあるちう人の中には、長い人では小学生から不登校になってしもた方がいたり、だいたいの人の場合は中学に入ってから不登校になってしもた方がいたりと、結構幼いうちに不登校になってしもた場合が多いや。


不登校や登校拒否になる原因やきっかけちうのは、ホンマに様々だと思うで。

人間関係がうまく築けへん生徒、勉強についていけなくなって学校に行きたくなくなりよった生徒、いじめにあってしまって学校に行けなくなってしもた生徒、家の期待が大きすぎて学校に行けなくなってしもた生徒やらなんやらホンマに不登校の生徒の数だけ理由があると言ってもええくらいだと思うで。


そういう生徒を大人から見てみたら、
「だらせん」
「怠けとる」
「家庭内に問題があるからだ」
「学校がちゃんと見てくれへんから」
とか言われとったようや。



生徒や、親はそういう批判を世間から浴びとる中、オノレのボウズが不登校であることを認めたくないばかりに無理やり学校へ連れて行ったり、学校を避難したりしとったようやけどアンタかえって逆効果になり不登校はまんねんまんねん深刻化していったようや。



せやけどダンさん、きょうびではそういった不登校や登校拒否に対する理解も関心も高まってきとるせいもあるのか、学校での対策も色々出てくるようになったんや。


例えば「保健室登校」や「適応指導教室」のようなものを学校内に設けて、生徒に対応していくようにしたり、学校の外では「フリースクール」や「山村留学」と言った様な施設もようけ出来てきたりしとるために、支援のされ方も幅広くなってきとるようや。
タグ:不登校
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不登校を克服するには

不登校の克服の仕方に「否定をせん」ちうことが挙げられまんねん。


大人から見ると何でもないことでも、10代のボウズにとってはオノレ自身に自信が無いちう人が大半だと思うで。

やろから何気ない言葉でも、他人にオノレを否定されたと思うと大人の想像以上に傷ついてしまいがちや。

その言葉が親から出とるものやろうが、友達から出とるものやろうが、本人にしてみれば否定的な言葉ちうのはホンマにもろいものだと思うで。



10代の人からしてみて傷つく言葉ちうのは特に外見に関しての言葉かもしれまへん。

例えば
「その洋服ちーとばかし地味やない?」
「ちーとばかし太った?」
やらなんやら大人からしてみたらたいしたこと無い言葉でも、敏感に反応してしまうのや。

それで傷ついた心は親が
「そないなことないよ。大丈夫だよ」
と言ってもさらさら効果がないほどや。


また、親とボウズの世代では流行しとるファッションに関しても考え方が違いますわよね。

親の世代ではピアスやタトゥーやらなんやらはとんでもないと思うんやが、ボウズの世界にしてみたらそれが流行のファッションであり否定されたくないものやのです。

そういうことを真っ先に否定されてしまうと、オノレ自身を否定されたものだと思ってしまって傷ついてしもたり反抗してしもたりしてしまいますわ。


親の世代の方がボウズのころの事を思い出してみておくんなはれ。

親に反対されてもそのとき流行っとったことってやりたくて仕方なかったやね。


それを反対されたらそないな親の気持ちなんて分かるはずもなかったやね。


ボウズ世代はオノレの価値はホンマに分かりまへんので、外見から自信を持とうとしてしまいますわ。


やろからこれに関して不登校になっとるのであれば、まずは認めてあげること、否定せんことから初めてみてはいかがでっしゃろか。
タグ:不登校
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

失敗を繰り返させへんことが不登校改善につながる

親は我が子のことを積極的で明るくて勉強でもスポーツでも何でもできて自慢のボウズというように思いたいものだと思うで。

ましてやオノレの子が不登校になるやらなんやらとたぶん考えもせんことだと思うで。


せやけどダンさん、そううまくはいかないものや。

ボウズは何ぞにいっぺんシッパイしてしまうと、ちびっと消極的になり、それが二度、三度と続いてしまうと
「もうダメだ」
「オノレには無理なのだ」
と自己否定までいってしまうケースがあるほどデリケートや。


なんだそないなことと思うでっしゃろが、大人にとってたいしたことがないことでもボウズにとったら重大事件になってしまうことも多いのや。

傷つく分余計に自己否定してしまいたくなるんや。


こうなってしまうと、そのシッパイしてしもた事に対してもうやる気もなあんも起こらなくなり、どうせやっても無駄やからちう否定的な考えが生まれてきてしまうのや。


そういった場合は大人が、親が、違った方法を指し示してあげまひょ。

成功するための方法は一つではおまへんのや。

方法を変えればうまくいくかもしれまへん。



不登校に関することも同じや。

いっぺんダメでも違ったやり方があるんや。

こういう方法もあるよとアドバイスしてあげるのも大人のやり方や。


時には励まし、時には厳しくして歩むべき道に向かって一緒にやっていくことが大切や。

注意が必要なのは決して同じシッパイは繰り返させへんと言うことと、シッパイを責めてはいけへんと言うことやので心に留めといておくんなはれ。
タグ:不登校
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

好き勝手させへん事が不登校克服につながる

不登校を克服させるのはホンマにややこしいことだと思うで。


せやけどダンさん、親はどないなことをしてでもボウズを守りたいと思うものだと思うで。


ルールを押し付けへんと言うのももちろん大切やけどアンタ、家庭内におけるルールと言うのはボウズに好き勝手させへんため、ボウズの将来を願ってのためやらなんやら愛情があるからこそのルール設定なのだと思うで。

ルールと言うのは厳しすぎても反発してしまうし、ゆるすぎても親の言うことやらなんやら聞かなくてもええちう甘えが生じてしまいますわ。

やろから適度にルールが必要ちうことになるんや。


ルールがなく、好き勝手、オノレ勝手に育ったボウズは相手の気持ちと言うのがわかりまへんボウズになってしまいますわ。

不登校も別に好きでやっとるのやから文句を言うなみたいな感じになってしまうかもしれまへん。




親の愛情が伝わらなくなってしまうのや。





ルールがある程度ある家庭で育ち、不登校になってしもた場合やらなんやらは、親の愛情を聞き入れることも可能だと思うでし、突破口も見つかりやすいのではおまへんかと思うで。


そのためにも最低限のルールと言うのは必要やのです。


とは言ってもこれだけではなかなか不登校を克服することはややこしいと思うで。

そういった場合は不登校を支援するサポート校ちう場所があるんやので、ほんでリハビリがてらに学ばせていくのもええ方法だと思うで。


せやけど、このサポート校と言うのは卒業の資格までは取得することがややこしいので、他に通信や定時制やらなんやら資格が取得できる機関に所属する必要があるちうワケや。
タグ:不登校
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不登校を克服する方法

不登校を克服するための方法はいろいろあると思うんやが、その中でもボウズにルールを押し付けてしまいまへんことちうのが挙げられまんねん。


大人の世界は家庭でも仕事でも社会でも、ルールと言うのが存在し、それを無意識に守っとることで成り立っとる世界や。

これはある意味当然のこととして大人たちは受け入れていますわ。



そのルールを大人はどうしてもボウズに学校でも家庭でも押し付けてしまいがちになるんや。

ルールを守りまへんボウズを理解でけへんちうことが理由ではおまへんかと思うで。


ホンマに赤ちゃんのときは親が言っとることに従おるさかいに「ええこね〜」やらなんやらと誉めてあげまっけど、ちーとばかし大きくなってくると、ルールを守らなくなってきて親が言うことに耳を貸さなくなってきまんねん。

それを直そうと親が必死になればなるほどボウズは抜け道を探して結局は言うことを聞かないのや。


やろから大人はこのことに対して焦ってはいけへんのや。

成長の過程において言うことを聞かないと言うのはオノレ自身で生きていこうとする自然な姿やのです。

やろから絶対的にルールを守らせようとするのではなく、ありのまんまの姿を大人が受け入れるようにすることが大切やのです。


押さえつければ押さえつけるほどボウズは反発してしまい余計に言うことを聞かなくなってしまいますわ。

ボウズは反発しながら成長していくものだと親側が認識をして、不登校の場合もただただ「行け」と言うのではなく、事実を受け止めた上で対応策を考えていくようにすることが大切なことだと思うで。
タグ:不登校
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不登校を克服させるためにはプレッシャーを与えへんようにする

ボウズの不登校を克服させる方法として、ボウズにプレッシャーを与えへんようにすることが大切であると言えまんねん。


大人もボウズも現代社会では何ぞしらのプレッシャーを受けて生きていますわ。

それが重いものだと1回プレッシャーをもろただけで参ってしまうし、軽いプレッシャーを受け続けると言うのも参ってしまいますわ。


特にボウズにとってプレッシャーと言うのは慣れとるものではおまへんので、大人がたいしたことないと思ってもボウズにとっては重圧やったりしまんねん。


やろから必要以上にプレッシャーを与えられると逃げ場を失いもっとエライ状況に陥ってしまうかもしれへんのや。

ボウズがプレッシャーを何ぞしら受けとると感じたときは、その対処方法を教えてあげる必要があると思うで。

そのためには大人がボウズの異変に気付いてあげる努力や対処方法の知識やらなんやらをきちんと身につけておかないといけへんのではおまへんかと思うで。


多分、言って聞かせてもそれもプレッシャーに感じる人はおるかもしれへんし、できれば態度でしめしてあげるのがええとは思うのやが、なかなかややこしいやね。


それがややこしい場合は、環境を変えた上で学ばせてあげることも大切だと思うで。

サポートしてくれる場所と言うのもあり、そういうトコだと経験も豊富にボウズにとってもええと思うで。

そうやって徐々に不登校やらなんやらを克服してあげるのがええのではおまへんかと思うで。大事なのはプレッシャーをかけへんと言うことやのです。
タグ:不登校
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不登校の子供に接する場合

不登校のボウズに接するときにまず注意せなならへんのが、そのボウズが学校に行きたくなくて不登校になっとるのか、学校に行けなくて不登校になっとるのか、今の状況を見極めることだと思うで。


例えば、ボウズ本人が学校に行きたくないちう意思を伝えとる場合は、本人の中で不登校の原因ちうのがある程度見えとる場合に発せられる言葉だと思うで。

やからと言ってすぐにその原因を打ち明けてくれるかちうのは分かりまへん。

いじめやらなんやら言いたくない問題の場合もあるんやから。


いじめちうのはホンマにややこしい問題で、オノレがいじめられとるちうことは人にはかなり言いたくない事みたいやのです。

一人で抱え込んでしまうケースもようけ、最悪の場合は自殺してしまうちうケースもここ数年で何件も起きていますわ。

自殺して初めて親はボウズがいじめにあっとったちう事実を遺書か日記やらなんやらで知ることになるちうことやのです。



次に学校に行けへんと言っとる場合やけどアンタ、前の日の夜までは学校にいくつもりで支度やらなんやらをしとるのやが、当日朝になると頭が痛くなりよったり吐き気がしたりして行けなくなるちうわけや。

学校に無理やり行こうと家を出たとしても途中で具合が悪くなり引き返してしまうちうような状態になっていきたくても行けへんちう状態になってしまうのや。


この場合は本人に原因を聞いたトコで答えが返ってくるわけではおまへんので分かりまへん。


このようにタイプによって対処方法が変わってくると思うでので接するときにはまずどういった状態なのかを見極める必要があるちうワケや。
タグ:不登校
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不登校のきっかけ(本人)

不登校になってしまうきっかけとして、不登校しとるボウズ本人に原因がある場合があるんや。


例えばどういうことかと言うと、今まで普通に学校に行っとったのに急に病気になってしまい、学校を休まざるを得なくなってしもた場合や。


学校に行っても話しについていけへんのではおまへんかやらなんやらと考えて行けなくなってしもたりしまんねん。

こういったケースの場合、長期入院やらなんやらして学校を長期で休んだ場合にようけ見られると思うんやが、中には一日風邪で休んだだけでも、明日学校行ったら何言われるのやろうと思って行けなくなってしまうケースもあるようや。


次にあるケースとしては本人が「自閉症」「軽度の知的障害」やらなんやらの場合や。

本人に落ち度はおまへんが、周りはそうは見てくれず不登校にまで至ってしまうケースがあるんや。


また、すごく稀なケースとしてはオノレ自身で不登校の道を選んでいる場合や。学校を否定して生きとるボウズも中にはいますわ。

そういった子は何ぞしらの強い信念を持ち、学校に行かなくなるケースがあるちうワケや。


また、信念を持った子には将来やるべき事を見つけてしもた子もいますわ。

そういった場合は、学校での勉強と言うのを軽んじてしまい、夢に向かって突き進む傾向を持ってしまう場合があるちうワケや。


こういうように本人の何らかの原因により、意志を持って不登校になってしまうケースも少なからずあるちうワケや。


こういった場合は正しい対応が必要となるさかいにどエライややこしいや。

タグ:不登校
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不登校の原因(家庭内)

不登校になってしまう原因として家庭生活における原因と言うのが挙げられまんねん。


ではどういった問題が不登校のきっかけになってしまうかと言うと、
例えば、家庭環境が急に変わってしまうと言うことが挙げられまんねん。

どういうことかと言うと、両親が離婚して環境が変わってしもたとか、親がリストラにあって生活環境が急に変わってしもたがあると思うで。


離婚やリストラなんかは今の世の中珍しいことでは決しておまへんが、当の親自体が精神的に余裕とかなくなってしまうのに、ボウズはもっと余裕が無くなり、どう対応してええかわからなくなりオノレの殻にとじ込もってしまうケースも少なくはないのや。

それが不登校の原因になってしまう可能性はすごくあると思うで。


次に挙げられるのがボウズと親の関係性についてや。

母親が教育ママやったり、父親の期待に答えなければならなかったり、父親が仕事ばかりで家庭を顧みず、まるっきしボウズに興味がないと言ったケースや。


こうなるとボウズはなんのためにオノレがいるのかとか、反発してしまいたくなりよったりとかして学校に行きたくなくなってしまいますわ。


ケツには家庭内が不和状態にあるちうことや。

家庭内で両親がケンカばかりしていつでも暗い雰囲気、いづらい雰囲気だとするとボウズは将来に希望が持てなくなりよったりして学校に行く意味を見いだせなくなってしまいますわ。


こういう家庭内に起きた出来事でも不登校になってしまう原因になってしまう可能性があるちうワケや。

タグ:不登校
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不登校のきっかけ

不登校になってしまうきっかけとして、学校生活における原因があると言うのが挙げられると思うで。


では学校生活においてどういった問題が不登校につながる原因になってしまうのでっしゃろか。


まずは「いじめ」が挙げられると思うで。

多分これが一番多い問題ではおまへんでっしゃろか。

いじめやらなんやらの、交遊関係における問題やけどアンタ、きっかけはなんにしてもクラスメートから急に無視されるようになりよったり、悪口を言われたりしていじめられてしまうと学校には行きたくなくなってしまいますわよね。

また、仲がええ友達と何ぞしらがきっかけになってケンカしてしもたとしても不登校の原因になってしまう可能性があるんや。


このように対人関係(特に友人関係)における問題と言うのはボウズたちにとってはものすごく重大な問題やのです。


次に先生との関係が挙げられまんねん。

先生と言うのはええ先生ばかりが学校にいるわけではおまへん。

性格が悪い先生やったり、相性が合いまへん先生やったり色んなタイプの先生がいますわ。

どういった先生と関わるかによっても不登校の原因になってしもたりするものや。


ケツに不登校のきっかけになる原因として「学業不振」が挙げられまんねん。

勉強についていけなくなると授業そのものが苦痛なものとなり、不登校の原因にまで発展してしまうかもしれまへん。



このように学校生活において不登校の原因となるものと言うのはようけあることが分かったんや。

きっかけをきちんと見極めて対策を練ることが大切となるんや。
タグ:不登校
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。