不登校の子供に接する場合

不登校のボウズに接するときにまず注意せなならへんのが、そのボウズが学校に行きたくなくて不登校になっとるのか、学校に行けなくて不登校になっとるのか、今の状況を見極めることだと思うで。


例えば、ボウズ本人が学校に行きたくないちう意思を伝えとる場合は、本人の中で不登校の原因ちうのがある程度見えとる場合に発せられる言葉だと思うで。

やからと言ってすぐにその原因を打ち明けてくれるかちうのは分かりまへん。

いじめやらなんやら言いたくない問題の場合もあるんやから。


いじめちうのはホンマにややこしい問題で、オノレがいじめられとるちうことは人にはかなり言いたくない事みたいやのです。

一人で抱え込んでしまうケースもようけ、最悪の場合は自殺してしまうちうケースもここ数年で何件も起きていますわ。

自殺して初めて親はボウズがいじめにあっとったちう事実を遺書か日記やらなんやらで知ることになるちうことやのです。



次に学校に行けへんと言っとる場合やけどアンタ、前の日の夜までは学校にいくつもりで支度やらなんやらをしとるのやが、当日朝になると頭が痛くなりよったり吐き気がしたりして行けなくなるちうわけや。

学校に無理やり行こうと家を出たとしても途中で具合が悪くなり引き返してしまうちうような状態になっていきたくても行けへんちう状態になってしまうのや。


この場合は本人に原因を聞いたトコで答えが返ってくるわけではおまへんので分かりまへん。


このようにタイプによって対処方法が変わってくると思うでので接するときにはまずどういった状態なのかを見極める必要があるちうワケや。
タグ:不登校
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。