不登校を克服させるためにはプレッシャーを与えへんようにする

ボウズの不登校を克服させる方法として、ボウズにプレッシャーを与えへんようにすることが大切であると言えまんねん。


大人もボウズも現代社会では何ぞしらのプレッシャーを受けて生きていますわ。

それが重いものだと1回プレッシャーをもろただけで参ってしまうし、軽いプレッシャーを受け続けると言うのも参ってしまいますわ。


特にボウズにとってプレッシャーと言うのは慣れとるものではおまへんので、大人がたいしたことないと思ってもボウズにとっては重圧やったりしまんねん。


やろから必要以上にプレッシャーを与えられると逃げ場を失いもっとエライ状況に陥ってしまうかもしれへんのや。

ボウズがプレッシャーを何ぞしら受けとると感じたときは、その対処方法を教えてあげる必要があると思うで。

そのためには大人がボウズの異変に気付いてあげる努力や対処方法の知識やらなんやらをきちんと身につけておかないといけへんのではおまへんかと思うで。


多分、言って聞かせてもそれもプレッシャーに感じる人はおるかもしれへんし、できれば態度でしめしてあげるのがええとは思うのやが、なかなかややこしいやね。


それがややこしい場合は、環境を変えた上で学ばせてあげることも大切だと思うで。

サポートしてくれる場所と言うのもあり、そういうトコだと経験も豊富にボウズにとってもええと思うで。

そうやって徐々に不登校やらなんやらを克服してあげるのがええのではおまへんかと思うで。大事なのはプレッシャーをかけへんと言うことやのです。
タグ:不登校
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。