不登校を克服する方法

不登校を克服するための方法はいろいろあると思うんやが、その中でもボウズにルールを押し付けてしまいまへんことちうのが挙げられまんねん。


大人の世界は家庭でも仕事でも社会でも、ルールと言うのが存在し、それを無意識に守っとることで成り立っとる世界や。

これはある意味当然のこととして大人たちは受け入れていますわ。



そのルールを大人はどうしてもボウズに学校でも家庭でも押し付けてしまいがちになるんや。

ルールを守りまへんボウズを理解でけへんちうことが理由ではおまへんかと思うで。


ホンマに赤ちゃんのときは親が言っとることに従おるさかいに「ええこね〜」やらなんやらと誉めてあげまっけど、ちーとばかし大きくなってくると、ルールを守らなくなってきて親が言うことに耳を貸さなくなってきまんねん。

それを直そうと親が必死になればなるほどボウズは抜け道を探して結局は言うことを聞かないのや。


やろから大人はこのことに対して焦ってはいけへんのや。

成長の過程において言うことを聞かないと言うのはオノレ自身で生きていこうとする自然な姿やのです。

やろから絶対的にルールを守らせようとするのではなく、ありのまんまの姿を大人が受け入れるようにすることが大切やのです。


押さえつければ押さえつけるほどボウズは反発してしまい余計に言うことを聞かなくなってしまいますわ。

ボウズは反発しながら成長していくものだと親側が認識をして、不登校の場合もただただ「行け」と言うのではなく、事実を受け止めた上で対応策を考えていくようにすることが大切なことだと思うで。
タグ:不登校
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。