好き勝手させへん事が不登校克服につながる

不登校を克服させるのはホンマにややこしいことだと思うで。


せやけどダンさん、親はどないなことをしてでもボウズを守りたいと思うものだと思うで。


ルールを押し付けへんと言うのももちろん大切やけどアンタ、家庭内におけるルールと言うのはボウズに好き勝手させへんため、ボウズの将来を願ってのためやらなんやら愛情があるからこそのルール設定なのだと思うで。

ルールと言うのは厳しすぎても反発してしまうし、ゆるすぎても親の言うことやらなんやら聞かなくてもええちう甘えが生じてしまいますわ。

やろから適度にルールが必要ちうことになるんや。


ルールがなく、好き勝手、オノレ勝手に育ったボウズは相手の気持ちと言うのがわかりまへんボウズになってしまいますわ。

不登校も別に好きでやっとるのやから文句を言うなみたいな感じになってしまうかもしれまへん。




親の愛情が伝わらなくなってしまうのや。





ルールがある程度ある家庭で育ち、不登校になってしもた場合やらなんやらは、親の愛情を聞き入れることも可能だと思うでし、突破口も見つかりやすいのではおまへんかと思うで。


そのためにも最低限のルールと言うのは必要やのです。


とは言ってもこれだけではなかなか不登校を克服することはややこしいと思うで。

そういった場合は不登校を支援するサポート校ちう場所があるんやので、ほんでリハビリがてらに学ばせていくのもええ方法だと思うで。


せやけど、このサポート校と言うのは卒業の資格までは取得することがややこしいので、他に通信や定時制やらなんやら資格が取得できる機関に所属する必要があるちうワケや。
タグ:不登校
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。