失敗を繰り返させへんことが不登校改善につながる

親は我が子のことを積極的で明るくて勉強でもスポーツでも何でもできて自慢のボウズというように思いたいものだと思うで。

ましてやオノレの子が不登校になるやらなんやらとたぶん考えもせんことだと思うで。


せやけどダンさん、そううまくはいかないものや。

ボウズは何ぞにいっぺんシッパイしてしまうと、ちびっと消極的になり、それが二度、三度と続いてしまうと
「もうダメだ」
「オノレには無理なのだ」
と自己否定までいってしまうケースがあるほどデリケートや。


なんだそないなことと思うでっしゃろが、大人にとってたいしたことがないことでもボウズにとったら重大事件になってしまうことも多いのや。

傷つく分余計に自己否定してしまいたくなるんや。


こうなってしまうと、そのシッパイしてしもた事に対してもうやる気もなあんも起こらなくなり、どうせやっても無駄やからちう否定的な考えが生まれてきてしまうのや。


そういった場合は大人が、親が、違った方法を指し示してあげまひょ。

成功するための方法は一つではおまへんのや。

方法を変えればうまくいくかもしれまへん。



不登校に関することも同じや。

いっぺんダメでも違ったやり方があるんや。

こういう方法もあるよとアドバイスしてあげるのも大人のやり方や。


時には励まし、時には厳しくして歩むべき道に向かって一緒にやっていくことが大切や。

注意が必要なのは決して同じシッパイは繰り返させへんと言うことと、シッパイを責めてはいけへんと言うことやので心に留めといておくんなはれ。
タグ:不登校
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。