不登校を克服するには

不登校の克服の仕方に「否定をせん」ちうことが挙げられまんねん。


大人から見ると何でもないことでも、10代のボウズにとってはオノレ自身に自信が無いちう人が大半だと思うで。

やろから何気ない言葉でも、他人にオノレを否定されたと思うと大人の想像以上に傷ついてしまいがちや。

その言葉が親から出とるものやろうが、友達から出とるものやろうが、本人にしてみれば否定的な言葉ちうのはホンマにもろいものだと思うで。



10代の人からしてみて傷つく言葉ちうのは特に外見に関しての言葉かもしれまへん。

例えば
「その洋服ちーとばかし地味やない?」
「ちーとばかし太った?」
やらなんやら大人からしてみたらたいしたこと無い言葉でも、敏感に反応してしまうのや。

それで傷ついた心は親が
「そないなことないよ。大丈夫だよ」
と言ってもさらさら効果がないほどや。


また、親とボウズの世代では流行しとるファッションに関しても考え方が違いますわよね。

親の世代ではピアスやタトゥーやらなんやらはとんでもないと思うんやが、ボウズの世界にしてみたらそれが流行のファッションであり否定されたくないものやのです。

そういうことを真っ先に否定されてしまうと、オノレ自身を否定されたものだと思ってしまって傷ついてしもたり反抗してしもたりしてしまいますわ。


親の世代の方がボウズのころの事を思い出してみておくんなはれ。

親に反対されてもそのとき流行っとったことってやりたくて仕方なかったやね。


それを反対されたらそないな親の気持ちなんて分かるはずもなかったやね。


ボウズ世代はオノレの価値はホンマに分かりまへんので、外見から自信を持とうとしてしまいますわ。


やろからこれに関して不登校になっとるのであれば、まずは認めてあげること、否定せんことから初めてみてはいかがでっしゃろか。
タグ:不登校
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。