登校拒否から不登校へ

不登校や登校拒否をしたことがあるちう人の中には、長い人では小学生から不登校になってしもた方がいたり、だいたいの人の場合は中学に入ってから不登校になってしもた方がいたりと、結構幼いうちに不登校になってしもた場合が多いや。


不登校や登校拒否になる原因やきっかけちうのは、ホンマに様々だと思うで。

人間関係がうまく築けへん生徒、勉強についていけなくなって学校に行きたくなくなりよった生徒、いじめにあってしまって学校に行けなくなってしもた生徒、家の期待が大きすぎて学校に行けなくなってしもた生徒やらなんやらホンマに不登校の生徒の数だけ理由があると言ってもええくらいだと思うで。


そういう生徒を大人から見てみたら、
「だらせん」
「怠けとる」
「家庭内に問題があるからだ」
「学校がちゃんと見てくれへんから」
とか言われとったようや。



生徒や、親はそういう批判を世間から浴びとる中、オノレのボウズが不登校であることを認めたくないばかりに無理やり学校へ連れて行ったり、学校を避難したりしとったようやけどアンタかえって逆効果になり不登校はまんねんまんねん深刻化していったようや。



せやけどダンさん、きょうびではそういった不登校や登校拒否に対する理解も関心も高まってきとるせいもあるのか、学校での対策も色々出てくるようになったんや。


例えば「保健室登校」や「適応指導教室」のようなものを学校内に設けて、生徒に対応していくようにしたり、学校の外では「フリースクール」や「山村留学」と言った様な施設もようけ出来てきたりしとるために、支援のされ方も幅広くなってきとるようや。
タグ:不登校
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。