不登校の生徒に対する対応

「不登校」や「登校拒否」をしとる生徒に関してやけどアンタ、なんとかしてあげたいと思うのが親や先生の考え方だと思うのやが、対処方法に関してはマニュアルと言うのは無く、不登校の生徒の数だけ対処方法があると思ってもろてもええと思うで。


例えば、絡まってしもた糸を人間関係に例えてみたいと思うで。

絡まってしもた糸を引っ張ったり、無理やりほどこうとしたりして悪戦苦闘しても、さらに糸は絡まってしまってほどけなくなっていく一方や。

でも糸は物やので、切って繋ぎ直せば絡まり自体はなくなるんや。


せやけどダンさん、人間関係は簡単に切ってしまうと言うことができまへん。

切ってしまってもその部分(わだかまり)が残ってしまうのや。

あまり、例えがよくなかったかもしれまへんが、絡まりはゆっくりじっくり時間をかけてほどいていくのがええのや。



やろからまずは「待つこと」から始めてみてはいかがでっしゃろか。黙って、じっくり待ってボウズの方から歩み寄ってくるのを待ってみればええのや。


そうすることで、徐々に絡まった糸もほどけてくると思うでよ。

せやけどダンさん、親側はその間心配でしゃあないかと思うでのでカウンセラーや学校の先生がたと連携をとっておくようにすればええと思うで。



不登校を改善させるにはちびっとずつ焦らんと絡まった糸をほどいていき、ボウズの不登校の原因となる事を分かってあげて、適切な対応をして行くことが改善への近道になるのではおまへんかと思うで。
タグ:不登校
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。